「オレが腐女子でアイツが百合オタで」1巻のネタバレや感想!

「オレが腐女子でアイツが百合オタで」の1巻が2016年6月22日に発売となりました。

俺が腐女子でアイツが百合オタで

「オレが腐女子でアイツが百合オタで」はオタクの男女の身体が入れ替わってしまうことで始まるドタバタコメディ。

 

「オレが腐女子でアイツが百合オタで」1巻のネタバレと感想について紹介していきます。

まだ読んだことがない方は是非参考にしてみてくださいね♪

 

 

スポンサードリンク

 

「オレが腐女子でアイツが百合オタで」のネタバレ

 

日本最大の同人誌即売会「コミックワールズ」、略して「コミワ」。

 

そんなコミワで、オタクの吉田玲時(よしだ れいじ)は好きなアニメのグッズを買い漁っていました。 

吉田玲時は女の子同士の特別な関係を描いた百合作品をこよなく愛する男子高校生。

 

しかし、そんなときに吉田は一番出会いたくなかった人物とばったり出会ってしまいます。

それが保科美鶴(ほしな みつる)。

保科美鶴は腐女子で漫画研究部部長の美少女。

当然彼女もオタクなのです。

 

 

なぜ吉田は彼女のことが苦手なのかというと、自分と対極の存在だから。

 

吉田は百合オタ、保科は腐女子。

自分が百合オタであるがゆえに、男同士を絡ませる腐女子という生き物が理解できないのです。

 

さらに、吉田はオタクであることを隠している隠れオタクであるのに対し、保科はオープンオタクの頂点、漫画研究部の部長。

オープンなオタクであるにも関わらず、愛想と容姿の良さのおかげで自分以上に一般人に馴染んでいるのです。

 

まさに吉田とは対極な存在。

 

この2人がコミワで出会ってしまったことが、悪夢の始まりとなるのです…。

 

 

とある日の放課後、吉田の下駄箱に保科の手紙が入っていました。

「この間のコミワのことでお話があります。放課後に漫研の部室まで来てください」

吉田はこの手紙を完全に保科からの脅迫状だと思い込んでしまいます。

 

恐る恐る放課後に漫研部の部室に顔を出す吉田。

しかし、結局吉田の杞憂でした。

保科は、コミワで吉田が落としたアニメのグッズを渡したかったとのこと。

教室だと渡しづらいと思ったから手紙で呼び出したらしいのです。

安堵する吉田。

 

しかし、次の瞬間保科がつまづいてしまい、吉田の上に覆いかぶさってしまうのです。

さらに、ナイスなタイミング(?)で保科の足がつってしまいます。

 

そのとき、どことなく不気味な声が聞こえてくるのです…。

「許せない…。オタクのくせにリア充なんて許せない…」

「この部室でリア充行為を行う輩など…呪われてあれー!」

その瞬間2人の頭上に無数の本が落ちてきて、けたたましい音が部室中に響き渡ります。

 

実は漫研部にはある都市伝説が語り継がれています。

それは「漫研部の漫子さん」。

彼女は在学中に事故で亡くなってしまったらしく、オタク趣味のせいで一度も彼氏ができなかったそう。

その無念で未だに成仏できず、そのせいか漫研部の部室でリア充行為に及ぶと呪われると言われているのです。

 

そんな「漫研部の漫子さん」に襲われてしまった吉田と保科。

目を覚ました2人は、自分たちの異変に気付きます。

なんと自分たちの身体が入れ替わってしまっているのです。

吉田は保科の身体に、保科は吉田の身体に…。

 

こうして腐女子と百合オタの身体が入れ替わってしまう悪夢のような日々が始まるのです―。

 

スポンサードリンク

 

「オレが腐女子でアイツが百合オタで」1巻の感想

 

男女の身体が入れ替わってしまうというのは、昔からありがちなストーリー。

しかし、入れ替わるのが、女性同士の絡みが大好きな百合オタと、男性同士の絡みが大好きな腐女子ということで、ちょっと今風な内容になっています。

幽霊の呪いのせいで身体が入れ替わるという設定なんですが、実はドタバタコメディ。

 

ちなみに私は百合オタでも腐女子でもないんですが、そんな私でも読んでいて、くすっとしてしまう場面が何度かありました。

特に腐女子の気持ちを全く理解できない吉田が、保科の身体になって、どのように生活を送っていくのかというのが見所かなーと思います。

そういった百合オタや腐女子の気持ちが分からないという方でも、安心して楽しく読める漫画になっていますよ。

むしろ、そういった人の方が面白おかしく読める漫画なのかもしれませんね。

 

漫画の絵も可愛いので、そういったアニメや漫画が好きという人は、読みやすいかも。

ただ、表紙がいかにもオタクっぽい感じなので、吉田同様隠れオタクという人は、この漫画をレジに持っていくのは結構ハードルが高いかもしれません。

もしレジに持っていくのが恥ずかしいという方は、電子書籍で購入することをおすすめします

これなら誰にもバレずに購入することができますからね♪

おすすめ電子書籍ランキング!口コミやレビューも紹介

 

百合オタや腐女子の方はもちろん、アニメや漫画が好きだという我こそはオタク!という人には、是非おすすめの漫画です。

 

気になる方は是非手にとってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です