ツインドルの箱庭1巻のネタバレや感想!売り切れ店舗続出の注目漫画

「ツインドルの箱庭」の1巻が6月17日に発売されました。

news_header_twindle_banner

「ツインドルの箱庭」は、魔法ファンタジー漫画。

1巻の発売早々、ネットで話題となっています。

 

そんな今注目の「ツインドルの箱庭」1巻のネタバレと感想について紹介していきます。

まだ読んだことがないという方は是非参考にしてみてくださいね♪

 

 

スポンサードリンク

 

「ツインドルの箱庭」1巻のネタバレ

 

とある魔法の国に、ジゼルとジルーベルという双子の姉弟がいました。

2人が持っている金色に輝く杖は、「夢みる黄金の針」と呼ばれ、魔力を細い糸のように紡ぎ、ものを縫い合わせて命を吹き込むという魔法が得意です。

 

子供の頃の2人には夢がありました。

姉のジゼルは看護師、弟のジルーベルはぬいぐるみ職人。

大きくなった2人は、それぞれの夢を叶えていたのです。

 

弟のジゼルは、彼のぬいぐるみを求めて他国からも客がくるほどの人気職人。

彼のぬいぐるみを手にした子供たちは皆満面の笑顔になるのです。

 

しかし、一方で姉のジゼルは、ドジで患者から人気のない看護師。

弟のジゼルと同じ杖を使っているはずなのに、どうして…。

ずっと夢見ていた看護師という仕事が自分には向いていないのでは…、そんなことを感じてしまうのです。

 

 

そんなある日、弟のジルーベルは姉のためにコートをプレゼントします。

見るからに高そうな立派なコート。

一体いくらしたのだろうか…?

最近ジルーベルの靴も新しくなり、料理もめきめきと上手くなっている。

ジゼルは自分よりも優れている弟を羨ましく思うとともに、強い劣等感を感じてしまいます。

 

そして、ジゼルが一人静かに悩んでいたとき、事件が起こります。

その日は年に一度の祭りの日。

大空で綺麗に弾けて消えるはずだった花火の魔法が、地上を駆け回り、広場に集まっていた大勢の観衆たちを襲ったのです。

町を揺らすほどの大きな爆発。

花火の被害にあった魔法使いたちの身体は、真っ赤な雨とともにバラバラに降り注いだといいます。

看護師のジゼルは、遺体を遺族の元へ返すためバラバラになった身体をくっつけようと試みます。

しかし、それは禁断の作業。

杖が呪われてしまう可能性すらあるのです。

しかし、ジゼルは「これは自分にしかできないこと」、これこそが自分の魔法の存在理由なのだと言い、そのまま家を出て行ってしまったのです。

この仕事をやり遂げれば、きっと認めてもらえる。そう信じて…。

 

 

それからジゼルは何日も家には戻りませんでした。

ジルーベルは、ジゼルの勇気ある行動に驚きましたが、それ以上に悪い予感がしてならなかったのです。

案の定、ジルーベルの悪い予感は的中してしまい―。

 

 

スポンサードリンク

 

「ツインドルの箱庭」1巻の感想

 

双子の魔法使いが登場するファンタジー漫画ということで、最初はキラキラのファンタジー漫画かと思っていたんですが、ストーリーはちょっぴりダークな場面もちらほら。

もちろんぬいぐるみに命を吹き込むといったような、いかにもなファンタジー要素もあるんですが、このキラキラとダークのバランスが絶妙で、どんどんと世界観に引き込まれてしまいます。

 

さらにさらに、このツインドルの箱庭、絵がめちゃくちゃ綺麗なんです!

普段漫画は、ばばばっと読むんですが、このツインドルの箱庭に限っては、1話読むのに30分以上かかってしまいました。

というのも、1ページ1ページがかなり作り込まれていて、ついつい絵の細かい部分にまで目が行ってしまうんですね。

 

あとは、結構漫画のコマ割りにもセンスが感じられますね!

他の漫画家さんではあまり見ないようなコマ割りが多く、個人的にかなり好印象でした。

こういったコマ割りのセンスも、漫画の世界観に引き込まれる要因の一つなのかなーと思います。

 

1巻はなんと全ページがフルカラーという豪華な仕上がり。

ファンの方も、この全ページがフルカラーということで、喜びの声が多数挙がっています。

 

ただ、漫画の単行本にしては値段が高いです。

もちろん全ページがフルカラーでそれなりのコストがかかっているので、仕方ないと言えば仕方ないのかもしれませんが…。

もし読んだことがないという方は、一度ネットで試し読みしてみて、面白かったら書店などで購入してみるというのがおすすめですよ♪

 

今後間違いなく人気になるであろう「ツインドルの箱庭」。

是非今のうちにチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です