賭ケグルイ双、時短大富豪のネタバレ~イカサマ解説と考察~

賭ケグルイ双の1話で登場したオリジナルゲーム「時短大富豪」。

対戦相手は愛浦心というクラスメートで、主人公である早乙女芽亜里のギャンブルデビューゲームでもあります。

そんな時短大富豪について私なりの解説や考察を交えながら、ネタバレしていきます

 

また、賭ケグルイの新たなオリジナルゲームについては考察を随時更新していく予定です。

 

 

スポンサードリンク

 

時短大富豪のルール

 

基本的なルールは一般的な大富豪と同じです。

・カードの強さは「JOKER」が最も強く、「2」「1」「K」…「4」「3」という順番で弱くなっていく

・2回戦以降は「富豪の最弱カード」と「貧民の最強カード」を交換する

・貧民からゲームスタート

・手札が先に無くなった方が勝利

ここまでは一般的な大富豪と同じ。

 

時短大富豪では以下のルールが追加されます。

・手札は5枚のみ

・ペアなどはなく、必ず1枚ずつカードを出していく

・最弱の「3」は、最強の「JOKER」に勝つことができる

・貧民が勝った場合、賭け金の倍が返ってくる

 

スポンサードリンク

 

イカサマ解説

5bbc9e3470ef6b6e9a0c8b0779be9fad_l

・愛浦心が用意したトランプは、イカサマトランプ

カードの裏面には透明な赤外線塗料でマーカーが無数に書いてある。

当然肉眼では分からない。

 

・トランプを赤外線カメラを通してマーカーを読み取る

カードの内容が筒抜け。

 

・背中を通じて、指で相手カードの内容を伝えてもらう

相手の手札の強さによって賭け金を変更。

 

 

イカサマの狙い

 

このイカサマの狙いは相手の手札のカードが何なのかを把握すること

 

賭ケグルイの2話に登場したオリジナルゲーム「ダブル神経衰弱」でもお伝えしましたが、

大富豪に限らず、ポーカーやブラックジャックといったあらゆるトランプゲームは相手のカードが分かりさえすれば、勝つことは容易です。

 

相手手札のカードを見て、

勝てそうなら賭け金を高く、負けそうなら賭け金を低くして

利益は最大に、損失は最小にするというのが愛浦心の戦術。

 

 

イカサマ考察

 

愛浦心のイカサマについて、疑問に思ったことや気が付いたことを自分なりに考察してみました。

 

Q.相浦心のイカサマ協力者は1人だけだったのか?

愛浦心のイカサマ協力者は3人いた

 

実際に漫画を読んでみると、

愛浦心のイカサマに協力しているのは一人だけではないのが分かります。

 

まずは愛浦心が自身のイカサマについて説明するシーン。

赤外線カメラを使用しているのは、

ベリーショートの女性です。

無題7

 

さらに、別のショートカットの女性もカメラを使用しているコマも。

無題1

 

しかし、実際に愛浦心の背中を通じてサインを送っているのは

ロングヘア―の女性なんですね!

無題8

 

とすると、またここで新たな疑問が生まれます。

 

Q.相浦心のイカサマ協力者は役割分担をしている?

 

赤外線カメラを使用:ベリーショート&ショートカットの女性

サインを送る:ロングヘア―の女性

といったように、それぞれが役割分担をしているのか?

 

答えはNOです。

 

実際に漫画を目を凝らして見てみると、

スマホを手にしている女性が至る所に描かれています。

 

ベリーショートの女性

無題9

 

ショートカットの女性

無題1

 

ロングヘア―の女性

無題

 

それぞれがスマホを手に、赤外線カメラを使用し、

早乙女芽亜里の手札を覗いていますね。

 

さらには2人の女生徒がスマホを持っている姿が同時に描かれているコマすらあります。

無題5

 

髪型から判断するに、

ベリーショートの女性とロングヘア―の女性で間違いないでしょうね。

 

おそらく同じ人物が常にカメラを向けていると怪しまれるからという理由で

3人の協力者をつけたのでしょう。

 

Q.赤外線カメラを使う人物の順番に規則性はあるのか?

 

私の予想としては、1回ごとに交代で赤外線カメラを使用しているのではと考えました。

 

早乙女芽亜里のギャンブルデビューである1回戦目を見てみると、

まずはロングヘア―の女性がスマホを持っているのを確認。

無題

 

このまま1回戦目でショートカットの女性がスマホを覗いていなければ、

1回ごとの対決で交代しているという線は高まります。

 

しかし、ショートカットの女性がスマホを持っているコマを発見してしまいます。

無題1

しかし、カメラを覗いているわけではなく、

ただスマホを手にしているシーンしかありません。

 

これでは、この女性がカメラを担当しているのかどうかは判断できません。

 

他の対決の場面もチェックしてみましたが、

確定的な証拠は掴めず…。

 

役割分担に規則性があるのかどうかは分かりませんでした。

 

1回、1回の対決で赤外線カメラを使用するを交代していたのかどうかは分かりませんでしたが、

愛浦心のイカサマにはこのような漫画では語られなかった仕掛けがあったんですね。

 

 

もしその他イカサマに関して、疑問や謎がありましたら

是非コメント欄で教えてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です