賭ケグルイ20話のネタバレや感想!夢見弖の思惑

夢見弖の本性をボイスレコーダーに録音した蛇喰。

これによって、ギャンブルはお互いの人生を賭けた大きな勝負となるのです。

果たして、一体どんなギャンブルが繰り広げられるのでしょうか。

 

「賭ケグルイ」20話のネタバレや感想をまとめています。

 

ここから先はかなりストーリーのネタバレを含んでいます。

ネタバレが気になる方は、先にコミック等を読まれてからをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ20話のネタバレ

 

手紙の送り主

 

ボイスレコーダーは、あの一通の手紙と一緒に入っていたようです。

まるでこれで脅せと言わんばかり。

「一体誰の仕業でしょうね?」と笑う蛇喰。

 

しかし、鈴井は腑に落ちませんでした。

夢見弖にギャンブルを持ちかけられたとき、蛇喰は夢見弖の不用意な発言をボイスレコーダーで録音し、お互いの人生を賭けるよう提案。

紛うことなく、脅迫です。

 

なぜ蛇喰は手紙の送り主の言いなりになるようなことをしたのでしょうか。

蛇喰らしくない。

鈴井には蛇喰の考えが分からずにいました。

 

ユニット選考ライブ

 

夢見弖のライブは「ユニット選考ライブ」と称され、学園はその噂で持ち切りです。

気になるユニットの相方が「蛇喰夢子」ということが、さらに噂の拡散に拍車をかけています。

当然早乙女の耳にも、この噂は届きます。

蛇喰曰く「生徒会に人生計画表を握られている限り、なんだってさせられる。だからこそ、刺激的なギャンブルができる…」

それに、夢見弖とギャンブルをすることが、生徒会長に届く一番の手だと蛇喰は言います。

 

「ところで、鈴井さん。頼んでおいたものは手に入りましたか?」

どうやら蛇喰は校内ライブチケットを欲しがっているらしい。

しかし、今回は「ユニット選考ライブ」ということもあり、抽選の倍率もいつも以上。

ファンクラブ会員でないと、入手は困難なのだとか。

 

「お求めのモノは、これですか?」

突如話に入ってきた皇の手には、校内ライブチケットが握られていました。

「お近づきの印に差し上げますよ。何枚要ります?」

 

その皇の言葉に甘えて、蛇喰は鈴井と早乙女の分で2枚チケットを受け取ります。

早乙女は嫌々ながら、蛇喰の訴えでライブに行くことに。

どうやら皇もライブに行くらしい。

 

ライブ当日

 

観客席には鈴井、早乙女、皇の姿がありました。

最初は渋々参加していた早乙女ですが、どうやら夢見弖の曲にハマってしまったらしい。

 

ライブも終わり、いよいよギャンブル対決の時間がやってきます。

ステージに登場する蛇喰。

なんとアイドルらしいセーラー服調の衣装で現れます。

こうして、一流アイドル決定戦「バトっていいとも!」が幕を開けるのです。

 

ギャンブル開始

 

バトっていいとも!は様々なゲームに挑戦していくミニゲーム方式で進行していきます。

それぞれのゲームの勝者には3×3のマスに、一つマークを付ける権利が与えられます。

これを縦・横・斜め、いずれか一列揃えばゲーム終了。

マークを揃えた方が最終的な勝者となります。

要は〇×ゲームですね。

 

ゲームは以下の9つ。

・心肺機能チェック

・スイーツ女子は誰だ!?

・アイドルソングイントロクイズ

・ガチンコ歌唱力対決

・利きファン!

・グローバルアイドルを目指せ!

・ポーカーフェイスを保て!

・Let’s dance!

・極限ババ抜き

 

いよいよゲームスタートです。

 

ゲーム内容を決めた夢見弖が圧倒的に有利なのは誰が見ても一目瞭然。

しかし、ゲームルールはあらかじめ詳しく説明されていました。

それでもゲームを受けたのだから、蛇喰には何か勝算があるのだろうという鈴井。

 

「それでは、ユメミちゃんから順にこの10面ダイスを振り、ゲームを決定していただきます」

 

サイコロを振る夢見弖。

気になるゲーム内容は…、

 

「ガチンコ歌唱力対決!」

このゲームは文字通り、歌唱力を競うもの。

 

まずはダイスを2つ振ります。

白のダイスが一の位、黒のダイスが十の位です。

実は今日のライブの観客はちょうど100人。

あらかじめチケットには0~99の通し番号が振ってあります。

ダイスで選ばれた観客にスマートフォンを借り、歌唱採点アプリを使って得点を算出する。

どうやら公正を期すための措置らしい。

 

まずは夢見弖から。

歌う曲は、夢見弖のセカンドシングル「純愛ポーカー」

会場は大盛り上がりで、得点は85点。

早乙女曰く、この手の採点は音程やリズムですべて決まるようで、歌い慣れていると逆に不利らしく、85点は決して越えられない点数ではないといいます。

 

続いて蛇喰の番です。

鈴井たちは蛇喰の歌を聞いたことがなく、一体どんな歌を歌うのか興味深々な様子。

メロディーが流れ始めると、飲んでいた水を噴き出す皇。

「これって…」

 

「『仰げば尊し』かよ!」

3人は一斉にツッコミます。

 

しかし、観客の反応はというと、徐々に蛇喰の歌の魅力に魅かれていきます。

ファンのウケはかなり良いようです。

 

気になる点数は、なんと98点!

 

第1ゲームは蛇喰の勝利となりました。

これで蛇喰にはマークを一つ付ける権利が与えられます。

 

蛇喰がマークを付ける位置は、当然ど真ん中。

 

初戦を惜しくも逃した夢見弖。

しかし、余裕の表情を見せるのです。

 

「お前の人生、最後の一滴まで絞り尽くしてやる!」

 

なぜなら、この9つのゲームすべてに蛇喰の勝ち目はないのですから。

 

夢見弖の思惑

 

ライブの状況を眺める生徒会役員たち。

「圧勝すると思ったんだけど、意外と手こずってる感じ~?」

「夢見弖のプロ意識だろう。拮抗した演出を見せて盛り上げているんだろう」

「でもね~、『何もかも上手くいってる』そういうときに限って、裏ではトラブル絶賛進行中だったりするよね~」

 

 

第2ゲーム「ポーカーフェイスを保て!」

からしが詰まったたこ焼きを食べたことを悟られると敗北。

夢子の勝利。

 

第3ゲーム「心肺機能チェック」

肺活量の多い方が勝利。

夢見弖の勝利。

 

第4ゲーム「アイドルソングイントロクイズ」

観客が選んだ曲をイントロで当てる。

夢見弖の勝利。

 

ここまでお互い2勝2敗。

一進一退の攻防が続きます。

しかし、夢見弖は現在リーチの状態。

 

第5ゲームの内容は、

「極限ババ抜き」

 

その名の通り、極限状態で始まるババ抜き。

つまり、1枚のJOKERと2枚のエースのみを使用するババ抜きです。

 

先攻は蛇喰。

エースを引けば即蛇喰の勝利ですが、JOKERを引いてしまったらリーチをかけている夢見弖は最終的な勝利に大幅前進となります。

 

しかし、夢見弖はこのゲームに勝つつもりはありませんでした。

ここで負ければ、蛇喰はダブルリーチ。

そこから夢見弖が二連勝して劇的な展開を演出するつもりなのです。

そうすれば、話題性は抜群。

より夢見弖の人気に拍車がかかります。

これが夢見弖の狙いなのです。

 

夢見弖はJOKERの端を目立たない程度に折り曲げます。

生徒会役員を3人も破った蛇喰がこんなイカサマに気付かないわけがない。

蛇喰はこのイカサマを逆手にとってくるはず!

 

さあ、引け!

 

しかし、蛇喰が引いたのは「JOKER」。

 

夢見弖は理解できませんでした。

なぜ折り目の付いている方を引いたのか…?

まさかイカサマに気付かなかった?

折り目を付けるのはJOKERにしかありえない。

エースを引かれれば、その時点でゲーム終了。

イカサマの意味がない。

 

さまざまな考えを巡らせる夢見弖に、蛇喰はぽつっと呟くのです。

「なぁんだ…。そういうことですか…」

 

こうして3回目にしてようやくエースを引いた蛇喰。

第5ゲームは夢見弖の思惑通り、蛇喰の勝利となりました。

 

こうして蛇喰はダブルリーチ。

観客は誰もが夢見弖のピンチに固唾を飲みます。

まさしく夢見弖のシナリオ通りの展開。

会場は大盛り上がりとなるのです。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ20話の感想

 

夢見弖の思惑が明らかになりましたね。

ピンチな状態から劇的な逆転を演出する。

まさしくプロ意識ですね。

 

それにしても、蛇喰が歌が上手いとは知りませんでした。

あえて選曲を「仰げば尊し」にしたのも、音程やリズムのみで点数が決まる採点アプリ対策なのかもしれませんね。

容姿端麗でスタイル抜群、ギャンブルも強くて、そのうえ歌まで上手いとは…。

天は二物を与えずとは言いますが、蛇喰に不得意なものなどはあるのでしょうか?

以前語られた蛇喰の謎の資金の出所などが、実は蛇喰の弱みに関係しているのかなとか思ってみたり。

 

そして、蛇喰に手紙を送りつけた謎の人物。

果たして手紙の送り主は生徒会役員の中にいるのでしょうか?

もしそうなら、今や生徒会は泥沼の状態となっているのかもしれません。

 

次回21話も期待です。

※更新しました。

賭ケグルイ21話のネタバレや感想

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です