賭ケグルイ2巻のネタバレとあらすじ

賭ケグルイ2巻のあらすじについてまとめています。

 

ネタバレについては漫画各話のネタバレ考察にまとめていますので、気になる方は後述のリンクからご覧ください。

 

また最新刊についても、あらすじや考察を随時更新していく予定です。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ2巻のあらすじ

 

賭ケグルイの2巻の大まかな概要をネタバレしています。

 

ストーリーの核心に迫る部分は割愛していますが、さらに詳しいネタバレが知りたい方は、各話ごとのページをご覧ください。

 

5話のネタバレ

6話のネタバレ

7話のネタバレ

8話のネタバレ

9話のネタバレ

 

5話のあらすじと概要

 

・蛇喰、家畜の仲間入り

3億を超える借金を背負わされ、ミケとなる

 

・蛇喰と早乙女の元に「人生計画表」が届く

生徒会によって今後の人生を決められる

 

・「木渡 潤」と生徒会役員「生志摩 妄」登場

木渡に絡まれていた蛇喰を生志摩が助ける

 

・「債務整理大集会のお知らせ」が掲示される

 

 

6話のあらすじと概要

 

・債務整理大集会の幕開け

借金つけかえゲームによって、他者との借金を入れ替えることが可能

 

・オリジナルゲーム「二枚インディアンポーカー」

4人で行うギャンブルゲーム

 

・同じ卓には木渡、早乙女の姿が

 

 

7話のあらすじと概要

 

・蛇喰と早乙女のブラフに翻弄される木渡

 

・蛇喰と早乙女VS木渡と蕾

2対2のブラフ合戦へと成り果てる

 

 

8話のあらすじと概要

 

・木渡が3位から一位に躍り出る

 

・蕾が木渡を裏切る

木渡の家畜となっていた蕾の復讐

 

 

9話のあらすじと概要

 

・「二枚インディアンポーカー」終了

 

・蛇喰と早乙女の距離が急速に縮まる

タッグを組んだことで急速に仲良くなる

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ2巻の感想

 

2巻は「債務整理大集会編」。

順位によって借金が入れ替わるという多額の負債者にとっては、またとない機会ですね。

 

2巻の見所となるのは、やはり蛇喰と早乙女のチームプレー。

今までは1対1の個人戦でしたが、なんと今回は2対2のタッグ戦となっていました。

最後の華麗なイカサマには、完全にしてやられました…。笑

 

それにしても木渡の噛ませ犬感も凄かったですね。笑

ここ2戦の対戦相手が生徒会役員だっただけに、一般生徒相手だと少し物足りない感は否めません。

 

3巻はどんな展開が待っているのでしょうか。

蛇喰に届いた「人生計画表」の中身も気になるところですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です