賭ケグルイ双、5話のネタバレや感想!つづらは裏切り者?

賭ケグルイのスピンオフ作品「賭ケグルイ双」。

 

4話では壬生臣の計画に乗り、

「カップリングパーティ」というゲームをすることに。

果たして早乙女たちは勝つことができるのか…?

 

ここでは「賭ケグルイ双」5話のネタバレや感想についてまとめています。

 

ここから先はかなりのネタバレを含んでいます。

ネタバレが気になる方は、先にコミック等を読まれてからをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ双5話のネタバレ

 

ついに始まった「カップリングパーティ」第一回戦。

 

早乙女は同じチームである花手毬や戸隠といったメンバー5人と

事前に相談してそれぞれ告白する相手を決めていました。

 

さらには早乙女は同じチームメンバーの中に

裏切り者がいるかもしれないという可能性を考慮し、

さらに花手毬と二人だけで告白先を入れ替えるという周到ぶり。

 

いざ、「告白」がスタートした途端に

早乙女は不穏な空気を感じ始めます…。

 

それは早乙女の想定外の出来事。

なんと5人全員がカップル成立していたのです!

 

何者かが女性チームの告白先を対戦相手の男性チームにリークしている。

 

生徒会側のイカサマを疑う早乙女。

しかし、生徒会はイカサマをしていないといいます。

 

となると、裏切り者の可能性があるのはただ一人―。

 

「花手毬 つづら」

 

花手毬と早乙女は他のメンバーとは内緒で告白先を入れ替えていました。

5人全員がカップル成立となるということは生徒会、

もしくは花手毬のどちらかが対戦相手に情報をリークしていることになります。

 

学園の勝者になろうと誓ったはずの二人。

 

早乙女は花手毬が裏切り者だと思いたくない想いがある一方で、

花手毬が裏切り者だとするならすべてのつじつまが合ってしまう。

 

生徒会、花手毬、戸隠…。

ありとあらゆる人が裏切り者に見えてしまう。

 

まさに早乙女は誰を信じたらいいのか分からず、完全に疑心暗鬼に陥ってしまうのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

賭ケグルイ双5話の感想

 

ついに始まった「カップリングパーティ」一回戦。

しかし、早乙女属する女性チームはいきなり疑心暗鬼な状態になってしまっています…。

 

しかも裏切り者の疑いは、

共に学園の勝者になろうと誓い合ったはずの「花手毬 つづら」に。

 

果たして本当に裏切り者は花手毬なのか?

やはり生徒会の仕掛けたイカサマなのか?

それとも…。

 

この状況を早乙女はどのように打開していくのか、楽しみですね♪

次回6話も期待です!

※更新しました。

賭ケグルイ双6話のネタバレや感想

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です