賭ケグルイ双、2話のネタバレや感想!ついに早乙女が覚醒

賭ケグルイのスピンオフ作品「賭ケグルイ双」。

 

1話では、早乙女が初のギャンブルに挑戦し、見事20万円の勝利を収めましたね。

小学校時代の同級生「花手毬つづら」と共に、学園の勝者となることを誓った二人。

果たして今後どのように学園を上り詰めていくのでしょうか。

 

ここでは「賭ケグルイ双」2話のネタバレや感想についてまとめています。

 

ここから先はかなりのネタバレを含んでいます。

ネタバレが気になる方は、先にコミック等を読まれてからをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ2話のネタバレ

 

同級生の「愛浦 心」にイカサマギャンブルを仕掛けられるも、なんとかイカサマを攻略し勝利することができた早乙女。

 

華々しいデビューを飾った早乙女ですが、問題が一つ。

 

友達ができない―。

 

 

「多分それは金額が低いからだと思う」。

 

花手毬曰く、20万円というのは、この学園にとっては遊びでやり取りするような金額なのだとか。

 

「ギャンブルで強い人」という評価を得るためにはもっと大きな勝負をしないといけないらしい。

 

そこで、学園中にさまざまな賭場が立つという放課後の時間帯を狙って

更なるギャンブルをしに行くことにします。

 

どこの賭場に行くのかという花手毬の質問に対し、

「学園内で最も人気のない賭場」と答える早乙女。

 

何か考えがあるらしいのですが…。

 

 

放課後、二人がやってきたのは「第二図書準備室」。

 

中に居たのは、文芸部の部長「戸隠 雪見(とがくし ゆきみ)」。

 

この賭場は文芸部が運営しており、

他の部員は全員幽霊部員という噂通りの人気のなさです。

 

早速ギャンブルの準備をしようとする戸隠ですが、

そこに現れたのは生徒会役員であり風紀委員長の「聚楽 幸子(じゅらく さちこ)」。

 

なんと文芸部への第二図書準備室の使用許可を停止するというのです。

 

そのあまりの人気のなさから、

文芸部は使用料をほとんど支払えておらず、督促が何度も来るような

生徒会にとって問題視される賭場。

 

使用許可の停止は当然といえば、当然でしょう。

 

すると早乙女は

「じゃあ、次は私に使わせて下さいませんか?」と聚楽に申し出ます。

 

所詮ギャンブルに関しては素人の早乙女と花手毬。

ギャンブルで稼げたとしても、それは一時的なものに過ぎません。

ですが、胴元になれば必ず勝てる、これが早乙女の考え。

 

だからこそ、条件次第で譲ってもらえる可能性の高い賭場を選んだのです。

 

しかし、戸隠も賭場を手放したくないという。

 

そこで、聚楽は二人にギャンブル勝負を提案。

 

参加費は100万円、勝った方に使用権が認められます。

 

お互いがこのギャンブル勝負に合意し、

賭場の使用権を賭けた勝負の幕が切って落とされます。

 

ゲームは「スリーヒットダイス」

連続する3つのサイコロの出目を予想するだけの至ってシンプルなゲームです。

 

結果は早乙女の負け。

 

しかし早乙女は再戦を要求します。

 

聚楽はこれを条件付きで承諾。

その条件とは、負けた場合には聚楽専用の家畜となること。

 

早乙女はこの条件をのみ、再戦へとこぎつけるのです。

 

そして、再戦の結果、

ディーラーのイカサマを見破り、勝利を手にします。

 

こうして見事自分の賭場を手にした早乙女と花手毬。

 

ここから早乙女の勝者への道が始まります―。

 

 

スポンサードリンク

 

賭ケグルイ2話の感想

 

早乙女の考え方はかなりロジカル的で好きですね♪

頭も良いですし、さすが名門校に編入できるだけのことはあります!

 

今回の「スリーヒット・ダイス」はそんな早乙女を引き立てるのに、十分なゲームとなっていましたね。

 

 

念願の賭場を手に入れて、ここから本格的な資金集めが開始されるのでしょうが、

一体どうやってギャンブルに勝つのか注目ですね。

次回3話にも期待です。

※更新しました。

賭ケグルイ双3話のネタバレや感想

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です