電子書籍のメリットとデメリット!紙媒体との違いを比較

最近は電子書籍が普及してきて、通勤や通学の際に電車の中でスマホを使って読書を楽しむ人が増えてきましたね。

現在も大手企業が次々と参入し、読書の新しいスタイルになりつつある電子書籍は、利便性に非常に優れています。

 

しかし、中には紙媒体でないことに違和感がある方も少なくないでしょう。

 

そこで、電子書籍のメリットやデメリット、紙媒体との違いについてまとめてみました。

今まで電子書籍ってどうなの?と思って、手が出せずにいた方にとって、電子書籍を購入する際の参考になれば幸いです。

 

 

電子書籍のメリット

ここでは電子書籍のメリットについて紹介していきます。

 

・購入が簡単ですぐに読める

電子書籍の一番のメリットといっても過言ではないと思います。

テレビや雑誌などで紹介された本を読んでみたいと思ったときに、すぐに購入してその場で読書を楽しむことができます。

本を買いに行く手間や時間も一切かかりませんし、書店が閉まっている深夜などでも、時間帯を気にせず購入できるというのは電子書籍ならではのメリットですね。

 

・本の持ち運びが簡単で楽

これも電子書籍の大きなメリットの一つですね。

 

通勤や通学の電車の中などで読書をしたい場合、本を持ち運ぶのって結構大変ですよね。

文庫本1冊程度でしたら、そこまで問題ないかもしれませんが、本の冊数が多くなったりページ数の多い厚い本になったりすると、地味に大変です。

かさばらないという点では、部屋に大量の本がある方にも電子書籍はおすすめですよ。

本がすべてデータとして保存できるので、部屋の本の置き場にも困ることはありません。

 

・劣化する心配がない

データとして保存されているため、ページが破れてしまったり変色したりといった心配がありません。

何年経っても新品同様に読書を楽しむことができます。

 

・様々な端末で読書ができる(PC・スマホ・タブレットなど)

自宅ではPCの大画面で、外出先ではスマホやタブレットで手軽に、いつでもどこでも読書を楽しむことができます。

特に通勤時の電車の中などでは、座席に座れないと満足に読書をすることができませんが、スマホでなら片手で楽に読書ができますので、周りの人から見てもスマートです。

こういった読書する場所を選ばないというのも、電子書籍のメリットの一つですね。

 

・紙媒体よりも価格が安い

電子書籍では、紙媒体のように印刷をするということがないので、コストの関係上紙媒体と比較して価格が安いことが多いです。

さらには、電子書籍サイトの期間限定のキャンペーン企画によって、「ポイント〇倍セール」や「割引キャンペーン」といったものが定期的に開催されていますので、上手く利用すればお得に書籍を購入することもできます。

 

 

電子書籍のデメリット

では、逆に電子書籍にはどんなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは電子書籍のデメリットについて紹介していきます。

 

・サービスの終了で読めなくなる可能性がある

電子書籍サイトのサービス終了してしまうと、せっかく購入した書籍が読めなくなってしまう可能性があります。

そのため、利用する電子書籍サイトは、運営している企業の経営状況の安定性にも気を付けて選んだ方が安心でしょう。

 

・端末のバッテリーが切れると読めない

電子書籍はすべてデータで保存されているため、当然のことながら端末のバッテリーが切れてしまうと読書することはできません。

常に通信をしているわけではないので、ネットをするほどバッテリーの消耗は激しくありませんが、あまりにも長時間の利用は出来かねるというのが現状です。

充電できない(コンセントがない)場所で長時間の読書をする場合には、携帯用のモバイルバッテリーがあるとおすすめですよ。

さまざまなデザインのモバイルバッテリーを取り扱う専門サイトを載せておきますので、一つ買っておくと電子書籍の読書の際にもかなり便利です。

スマホバッテリー充電池・iPhoneケースの通販

 

・貸し借りや売却ができない

紙媒体なら「この本、面白いから読んでみて」といったように友達に貸したり、読まなくなった本を中古ショップで売ったりといったことが可能でした。

しかし、電子書籍ではそういった貸し借りや売却ができないというのもデメリットの一つです。

もちろん、電子書籍のデータの複製などもできません。

 

・紙媒体よりも販売されているタイトルが少ない

いくら電子書籍が普及してきているとは言っても、やはり紙媒体と比べるとどうしても販売されているタイトルの数は劣ってしまいます。

マイナーな書籍となると電子書籍で販売されていない可能性もあるため、結局紙媒体での購入になってしまうこともありますので注意が必要です。

 

電子書籍にするか紙媒体にするかは、読む本のジャンルで決める

メリットやデメリットをまとめてみましたが、それでもどっちが良いのか悩んでいるという方は、普段読む本のジャンルで決めてみてはどうでしょうか?

 

・小説や漫画をよく読む人は、電子書籍がおすすめ

・ビジネス書や自己啓発本をよく読む人は、紙媒体がおすすめ

 

小説や漫画を読む人は電子書籍がおすすめ

小説や漫画といった本のジャンルはあまり深く考えずに読むことができるので、サクサクと読める電子書籍には最適です。

さらに小説や漫画はどうしても続きが気になってしまうこともあるので、本を読む場所を選ばずにいつでも続きを楽しむことができるといった点からも、電子書籍に向いているといえますね。

 

また、小説や漫画には上巻や下巻(1巻や2巻)といったように、ストーリーが複数冊にわたって続いていくものがほとんどです。

ときには、前の巻に戻って読み直したいというときもあるでしょう。

そんなときに電子書籍なら、何冊も本を持ち運ぶことなく前の巻を読み直すことも可能です。

 

ビジネス書や自己啓発本を読む人は紙媒体がおすすめ

ビジネス書や自己啓発本といったジャンルの本は、基本いろいろと考えながら読む場合が多いです。

サクサク読める本は電子書籍の方が向いていると思いますが、このようにじっくりと読む本の場合は紙媒体の方が向いていると思います。

 

特に紙媒体の場合は、重要な文章をマーカーで印をつけたりペンで書きこんだりできるので、学びを一層深いものにできるという利点もあります。

ビジネス書や自己啓発本は、一度読んだだけでその知識や思考を自分のモノにすることはなかなか難しく、一回読んだ後に再度重要だと思った箇所を探したりすることもあると思います。

そんなときにペラペラとページをめくって探すという行為は、紙媒体だからこそできることです。

そういった観点からも、ビジネス書や自己啓発本は紙媒体の方がおすすめです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

電子書籍のメリットとデメリットについてまとめてみました。

是非電子書籍を利用するかどうか迷っている方は、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です